上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結納

←ここをぽちっとお願いします

こんにちは

今日は先日紹介した結納品目の続きです。

関東では、新郎・新婦とも同格程度の結納品を用意し、互いに「取り交わす」ものとされます。
結納品は一式ずつ一つの片木台(白木の台)に乗せられ、新婦側では、頂いた結納金の半額を結納金とします。
下記は結納品の一例です。

・長熨斗(ながのし):のしアワビ。長寿をイメージし、おめでたい贈り物の象徴である。
・目録(もくろく):結納品の品名と数量を記載。関東では長熨斗と目録は贈り物と数えない。
・金包包(きんぽうづつみ):結納金をいれる。新郎側の結納金は「御帯料」、新婦側からの結納金は「御袴料」とも。
・ 勝男節(武士)(かつおぶし):鰹節。男性の力強さをイメージ
・ 寿留女(するめ):スルメ。末永く幸せを願うため
・ 子生婦(こんぶ):昆布。子孫繁栄を表す
・友白髪(ともしらが):白い麻繊維。白髪になるまで夫婦仲良く
・末広(すえひろ):本来は男持ちの白扇と女持ちの金銀扇子の一対。省略されて白い扇子一本の場合も。末広がりの繁栄を願うため
・家内喜多留(やなぎだる):酒樽。家庭円満をイメージ

写真は石井家・佐藤家の結納式後の集合写真です

結納式中のかための盃で両家が結ばれ、とても和やかな雰囲気でした。



お二人のこれからが両家に支えられて行くんだなぁと実感

本当に幸せそう
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。